塗装工事は何日間かかる?~工事中の過ごし方~

2022年3月22日更新

建物が汚れてきた、ひび割れ(クラック)が起きている、屋根の劣化が心配となれば、塗装工事が必要です。

お住まいの劣化を放置し続ければ、ひび割れなどから雨水が侵入して内部の部材が腐食してしまいます。

何よりも、マイホームはいつも綺麗でいたいものですよね。

 

塗装工事はただ古くなった屋根や外壁に塗料を塗るというわけではありません。

その為、それなりに日数がかかります。

この記事では工事に日数がかかる理由、何日かかるか、工事期間中の過ごし方までご紹介します!

 

【塗装工事の工程とは】

塗装工事は何日間かかる?~工事中の過ごし方~ (1)

 

まず、一般的な塗装工事はどのような工程で行うかを解説します。

どれもお住まいを保護する為の重要な作業です。

  1. ①足場設置・・・職人の安全性を保つ為や、安定した作業場がある事で職人が手元に集中する事ができるので仕上がりにも大きく影響します。
  2. ②高圧洗浄・・・建物に長く蓄積された汚れやカビ・苔などを高圧洗浄機で除去します。不純物が残ったまま塗装すると、下地と塗膜の間に邪魔が入る事になるので、塗膜の早期剥離に繋がります。
  3. ③養生・・・塗装しない窓やサッシ、土間などをビニールシートやマスキングテープを使って塗料が飛散しないよう保護します。
  4. ④劣化補修・・・ひび割れ補修やコーキング工事など、劣化部分を補修します。
  5. ⑤ケレン作業・・・脆くなっている塗膜やサビを削り、塗装面の素地調整をします。
  6. ⑥下塗り・・・下地と仕上げ塗料の接着力を向上させたり、下地に仕上げ塗料が吸い込まれて色ムラができるのを防ぐ下準備の塗装です。
  7. ⑦中塗り・・・仕上げ塗料は2回塗装します。中塗りは1回目の塗装です。
  8. ⑧上塗り・・・もう1度仕上げ塗料を塗装します。最終的に目に触れる塗膜になります。
  9. ⑨養生バラし・・・ビニールシートやマスキングテープなどの養生を剥がします。この時に塗料の滲みや塗り残しがないか確認し、修正します。
  10. ⑩最終確認・・・現場管理者が最終確認をし、お客さまにも気になる点などないかご確認いただきます。
  11. ⑪足場解体・・・足場を解体して完工です。

    思っていたよりも、工程が多かったのではないでしょうか。

    どの作業も大変重要な意味があるものなので、省略する事はできません。

     

    【塗装工事は何日かかるのか】

    上記にご紹介したように、塗装工事には沢山の工程があります。

また、塗装工事では屋根・外壁・付帯部をセットで施工する事がほとんどです。

というのも、高所のメンテナンスには足場が必須だからです。

足場代は一般的な大きさのお宅で約20~25万円かかります。

工事を行うごとに足場代を組んでいたら大変な金額になってしまいます。

その為、屋根・外壁・付帯部を同時に施工される方が多いのです。

 

ただし、お住まいに使用されている材料によっては塗装工事が必要ない場合もあります。

「屋根工事と外壁工事はセットがお得!」は、こちらのページです。

 

工期については外壁のみの塗装だと約10日間。

屋根・外壁塗装セットの場合だと約14日間が目安の日数です。

 

塗装工事は何日間かかる?~工事中の過ごし方~ (2)

 

【工期は延びる事があります】

塗装工事は、先述した約10~14日よりも延びる場合があります。

劣化状態や、お住まいの大きさにもよりますし、天候も大きく関係します。

 

塗装工事には「塗装ができない気候条件」というものがあり、いずれかに当てはまると塗装ができません。

  1. 湿度が85%以上
  2. 気温が5度以下

夜露や雨によって湿度が85%になったり、寒い時期に気温が5度以下になると塗料が薄くなる為、塗装ができません。

その場合はやむを得ず塗装する日を後倒ししなければなりません。

乾燥しやすく、寒くない季節だと工事期間が伸びる可能性は低くなるのでオススメです。

(とは言っても繁忙期になるので、予約が取れない事も・・・)

 

ちなみに、高圧洗浄のような雨が降ってもできる工程もあります。

 

【工事中の過ごし方】

塗装工事期間中は生活環境が変わります。

工事中の過ごし方についてご紹介します。

 

塗装工事は何日間かかる?~工事中の過ごし方~ (3)

 

■室内に光が入りにくくなる

塗装工事中は窓に塗料が付かないよう、シートなどで養生をします。

更に足場の周りにはゴミや塗料が近隣に飛散しないよう飛散防止ネットというメッシュシートで覆っています。

その為、いつもよりも室内に光が入りにくくなるので部屋が暗くなります。

ただ、完全に遮光されるわけではありませんので、真っ暗にはなりません。

 

■騒音

工事中はどうしても騒音が発生し、ご迷惑をおかけしてしまいます。

塗装工事は塗料を塗る以外にも足場の組み立てや撤去、車両の移動、状況によっては電動工具を使用する場合もあります。

事前に説明はさせていただきますが、騒音が発生する時は、ご自宅での生活がしにくくなるかもしれません。

なお、近隣の方にもご迷惑をおかけする事になるので、着工の数日前にはご挨拶に回ります。

※近隣へのご挨拶が不要な場合はお申し出ください。

 

■エアコンが使用できないケースがある

作業によっては、エアコンが使えなくなる事があります。

室外機がベランダにあり、かつベランダの塗装が必要な場合にはエアコンの使用ができません。

これはエアコンを使用すると結露水が出て、塗料が薄くなるからです。

この他にも外壁洗浄の際や作業上、危険が生じる場合はエアコンの使用をお控えいただく場合があります。

 

なお、工事中にお留守にされる事は問題ありません。

工事中にご自宅にいると大きな音や人がいる事でストレスを感じてしまうかもしれませんので、外出していただいて大丈夫です。

ただ、工事期間中は足場を設置してあり更に足場の周りにメッシュシートを張っているので、1階だけでなく2階以上も泥棒が入りやすい状況になります。

外出される際は玄関はもちろん、各部屋の窓の施錠もお願いします。

 

他にも「こんな時はどうするの?」「こんな事はお願いしていいの?」とご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください!

お問合せはコチラ

 

−N−

 

町田市の外壁塗装、屋根塗装なら【町田塗装店】


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー