外壁塗装の色選び ~失敗しないコツから人気色までご紹介!~

2022年4月30日更新

外壁塗装の色選びでお悩みではありませんか?

当社にご相談いただくお客さまのほとんどが、色選びでお悩みになられています。

塗装工事というものは頻繁に行うものではありません。

1度塗装すれば10年以上はその色と付き合っていかなければなりませんので、絶対に失敗したくないですよね。

 

・思っていた色となんか違う・・・

・周りの景観に浮いてる

・もう1回塗り直してほしい!

・・・なんて事にならないよう、失敗しないポイントについてご紹介します。

 

【目次】

 

1.押さえておきたい【色選びのコツ】とは

色選びは「青が好きだから」と、自分の好きな色を選べばいい、というものではありません。

お住まいの形や周りの景観との調和など、様々な事を考慮して決めなければなりません。

では、色選びのポイントについて詳しくご紹介します。

 

1-1.色見本は大きなものを使う

外壁塗装の色選び ~失敗しないコツから人気色までご紹介!~ (1)

 

塗料メーカーでは塗料ごとに色見本を用意しています。

色見本から色を選ぶ際は”面積効果”に注意しなければなりません。

面積効果とは、面積が小さいものと大きいものとでは、色の見え方が違う現象の事です。

 

通常の色見本帳は小さめです。

小さな色見本で選んだ色をそのまま外壁に塗装すると、明るい色はより明るく、暗い色はより暗く見えてしまうので「イメージと違う」という失敗をしてしまう可能性があります。

そのようなトラブルを避ける為、塗装業者にはA4サイズなどの大きな見本を用意してもらったり、実際に塗装する外壁に試し塗りをしてもらいましょう。

 

1-2.光源による見え方の違い

色の見え方というのは、光源によっても異なるので、色見本は室内ではなく屋外で見るようにしましょう

蛍光灯の下で見る色と、外で見る色は意外と違うものです。

外壁は外にあるものですから、外で見てどのように見えるか確認してみてください。

更に言えば、天気や時間帯によっても色の見え方は様々です。

 

1-3.艶感も選びましょう

外壁塗装の際、意外と忘れがちなのが艶感です。

艶は艶あり(全艶)、7分艶、5分艶(半艶)、3分艶、艶消しとあります。

各塗料製品で上記全ての艶感から選択できるわけではなく、どの艶感を選択できるかは製品によって異なります。

例えば艶有り塗料しか選択できない製品、艶有りと7分艶が選択できる製品、艶無ししか選択できない塗料などがあります。

 

艶有り塗料のメリットは光沢のある仕上がりになり、ツヤツヤなので外壁塗装工事をした事が一目でわかります。

艶消し塗料のメリットはマットな仕上がりになり、高級感のある印象になります。

 

艶については特にこだわらない、という場合は艶有りがオススメです。

なぜかと言うと、艶消し塗料は艶有り塗料に比べ、多少耐久性が劣るからです。

艶消し塗料というのは、もともと艶のある塗料に調整剤を混ぜて艶を消すタイプが多いのです。

(艶有りも艶消しも同等の耐久性である製品も中にはあります。)

その為、艶についてはこだわらない、という場合は艶有りの塗料を選ぶのが無難です。

 

「塗料について」は、こちらのページです。

 

1-4.周りの景観に合っているかチェック

外壁塗装の色選び ~失敗しないコツから人気色までご紹介!~ (2)

 

自分の家なので自分の好きな色にしたい!という気持ちはあるかもしれませんが、周りの景観や雰囲気を配慮する事も色選びの大切なポイントです。

近隣の雰囲気と明らかに違った色を選べば、周りから反感を買う事もあります。

カラーシュミレーションなどを行う際は、周りの風景と調和しているか、よく見てみましょう。

 

「カラーシミュレーター」については、こちらのページです。

 

なお、一部の地域では地方自治体から景観形成のガイドラインを発行している場合があります。

お住まいの自治体にガイドラインがあるか、確認してみましょう。

 

2.【外壁塗装の人気色】

外壁塗装の色選び ~失敗しないコツから人気色までご紹介!~ (3)

 

具体的に外壁塗装ではどのような色が人気かをご紹介します。

  • 1位:クリーム系、ベージュ系
  • 2位:ブラウン(茶色)系
  • 3位:ホワイト(白)系
  • 4位:グレー(灰色)系
  • 5位:イエロー(黄色)系

クリーム系やグレー系の人気が高いのには理由があります。

それは汚れが目立ちにくいという事です。

外壁の汚れが目立つかは、外壁の色が汚れの色と同系色かどうかにより決まるからです。

その為、クリーム系やグレー系であれば土埃や砂などが目立ちにくくなります。

 

また、青や赤といった原色に近い色というのは色褪せやすく、クリーム系などの落ち着いた色は色褪せにくいという特徴があります。

色褪せは美観を損ねてしまう原因となるので、色褪せしにくい色を選ぶというのも重要なポイントです。

 

「こんな症状には要注意」のページはこちらです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

外壁塗装での色選びのコツが見えてくると、楽しくなってきますよね。

それでも1度塗装すればその色と長い付き合いになるので、色選びは悩む事も多いと思います。

当社は沢山のお客さまの色選びをサポートしてまいりました。

一緒に後悔の無い、納得のいく外壁塗装にしましょう!

 

外壁塗装の色選びについてのご相談や、塗装工事に関してのご不明点がございましたら、町田塗装店へお気軽にお問合せください(^^)/

 

お問合せはコチラ

 

−N−

 

町田市の外壁塗装、屋根塗装なら【町田塗装店】


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー