雨樋は塗装すべき?雨樋塗装について徹底解説します!

2022年7月11日更新

雨樋は建物にはほぼ取り付けられていますが、塗装は必要だと思いますか?

インターネット上では様々な情報が掲載されており、その中には「塗装の必要はない」「塗装すべきだ」などいろいろな意見があります。

  • ・雨樋の塗装は必要?不要?
  • ・我が家の雨樋は塗装した方がいい?
  • ・塗装するならどのような塗料を選べばいい?

屋根工事や外壁塗装の際、雨樋の塗装はどうすべきでしょうか。

この記事では付帯部の1つである雨樋の塗装について詳しくご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください(^_^)/

雨樋は塗装すべき?雨樋塗装について徹底解説します! (1)

 

雨樋とは?何の為にあるの?

そもそも雨樋とは何なのか、何の為に設置されているのでしょうか。

 

雨樋はお住まいに長ーく設置されていますよね。

「うちには雨樋がない」というお宅はあまり無いかと思います。

どのお住まいにも設置されている雨樋は、屋根に降った雨を下水や地面へと導く役割があります。

 

もしも雨樋が無かったら・・・

もし雨樋が無かったら、屋根という高所から雨水がボタボタ落ちてくる事になります。

そうなれば雨音が気になり、「夜眠れない」なんて事に。

また、屋根から落ち、強く跳ねた雨水が基礎や外壁を傷めてしまうでしょう。

雨樋は我々の生活にとって、また、お住まいにとって大切な役割を担っています。

 

雨樋は塗装すべき?雨樋塗装について徹底解説します! (2)

 

雨樋の塗装は必要?不要

屋根塗装や外壁塗装の際は、雨樋も塗装する方が多いです。

しかし、雨樋は部材の劣化を早める雨水が通る場所なので、もともと強固な素材で出来ているものです。

その為、雨樋自体が割れている・破損している場合を除けば、塗装はしなくても大丈夫です。

 

では、どうして雨樋の塗装をする方が多いかというと、その目的は『美観の為』にあります。

外壁塗装をして外壁は綺麗になっても、雨樋はカサカサという状態だと見た目的によくありません。

雨樋は軒や外壁に沿い、長く設置されています。

雨樋だけ塗装しないと、そこばかり悪目立ちしてしまい「せっかく外壁塗装をしたのに勿体ない・・・」なんて事になりかねません。

その為、雨樋も塗装される方が多いのです。

 

割れていたり、破損していたら

雨水が通る雨樋の耐久年数はおよそ20~25年と言われています。

寿命がくると割れたり破損してしまう事があります。

寿命がきていなくても雨樋がつまっていたり、雨樋が一部外れて途中で雨水がボタボタ落ちているケースもあります。

 

雨樋を伝って雨水が地面や下水へ正常に流れていない、と思ったら早めの補修や交換が必要です。

つまりの除去や外れた雨樋の補修の他、落ち葉が原因でつまっている時は雨樋に落ち葉除けネットを取り付けるのもいいでしょう。

部分的に破損している場合は補修、もしくは部分交換。

雨樋全体の寿命が過ぎているたら雨樋全交換が必要です。

いずれにせよ、放置していい理由は何もないので早めに対処しましょう。

 

「事業内容・工事メニュー > 雨どい工事(修理・交換)」については、こちらのページです。

 

塗料は何を選べばいい

雨樋を塗装する場合の塗料選びは、外壁がシリコン塗料なら雨樋もシリコン塗料。

外壁がウレタン塗料なら雨樋もウレタン塗料と、外壁と同じグレードの塗料を選ぶ事をオススメします。

 

その理由は、外壁よりもグレードの低い塗料にすると、塗膜の耐久性に差異が生じるからです。

おいおい「外壁はまだ塗装の必要がないのに、雨樋はボロボロ」となってしまいます。

 

また、高所の外壁や雨樋を塗装するには足場が必要です。

足場代は一般的な大きさのお住まいでおよそ20万円かかります。

外壁塗装と雨樋を別々に工事するとなると、その都度足場代がかかります。

外壁と雨樋は一緒に塗り替え時期がくるよう、同じ条件の塗料を選ぶのがいいでしょう。

 

足場については、こちらの「屋根工事と外壁工事はセットがお得!」のページでもご案内しています。

 

雨樋の色選びのポイント

雨樋は塗装すべき?雨樋塗装について徹底解説します! (3)

 

雨樋の色選びに迷った際は、鼻隠し、またはサッシと同じ色を選ぶ事をオススメします。

鼻隠しとは、軒先にある雨樋が設置されている板です。

 

雨樋はあまり奇抜な色にせず、ブラックやブラウン、ホワイトなどがオススメです。

後々のメンテナンスの為、お住まい全体のバランスの為にも特殊な色は避けた方がいいでしょう。

雨樋の部分補修をする場合、既存の色が特殊な色だと再現する事が難しく、新旧の部分で見た目が変わる可能性があります。

 

また、基本的に雨樋は目立たせるような場所ではないので、外壁と同じ色、または外壁より目立たない色を選びましょう。

 

「カラーシミュレーター」については、こちらのページです。

 

雨樋の塗装、補修、交換は町田塗装店へ

雨樋の塗装はしてもしなくてもいいですが、できれば美観の為に塗装するのがいいでしょう。

町田塗装店では雨樋の塗装、補修、交換を承っています。

「雨どいが割れている」「雨水がボタボタ落ちている」「いくらかかるかだけ知りたい」などございましたら、お気軽にお問合せください(^_^)/

 

お問合せはコチラ

 

−N−

 

町田市の外壁塗装、屋根塗装なら【町田塗装店】


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー