現場レポート

東京都町田市 屋上 点検 ウレタン防水

2020年12月25日更新

東京都町田市 屋上 点検 ウレタン防水

東京都町田市にて、マンション屋上の防水工事についてお伝えします。

 

台風などの自然災害による傷みを最も受けやすいのが屋根ですが

マンションの場合は屋上部分がその箇所になります。

雨水だけでなく、真夏の日ざしにも常にさらされ、なかなか過酷な環境であるにもかかわらず

ついつい放っておかれがちで

気が付いたときには、コンクリートのひび割れや、防水膜の剥がれが思いのほかあった

ということもよくあります。

 

雨水は少しずつ建物の内部に侵入し

雨漏りを発生させるだけでなく、内側から構造部分を侵食していきます。

防水が確実にできているかを常に気にすることは、資産価値を保つためにも非常に大切です。

 

今回は屋上の防水ということで、まずは現場で診断させていただくと

コンクリート部分がむき出しになっており、防水面からみると無防備な状態でした。

ひび割れた箇所に補修のあとがありましたが、おおがかりな防水工事が必要な時期だと思われました。

 

防水工事の方法は、シート防水、ウレタン防水、FRP防水、アスファルト防水などがあります。

 

防水工事の種類について詳しくは⇒こちら

 

今回はお客様とのご相談の結果、ウレタン防水ですることになりました。

これは液状のウレタン樹脂を塗布し、防水膜を作るものです。

FRP防水よりリーズナブルなお値段ですることができます。

防水工事の中では、費用面でも耐久面でも平均的、バランスがよい方法といえます。

 

良い点としては、継ぎ目のないなめらかな美しい仕上がりになります。

もちろん工事業者の技術次第では美しくなりませんが、その点はご心配なくお任せください。

面積や下地の材質も問いませんから、こちらを選ばれるケースは非常に多いです。

 

また材質の特性として弾力がありますので、踏みしめたときの足への負担が軽くなります。

屋上の用途によってはこうした弾力性も考慮した方がよいでしょう。

 

耐久年数は約10年。

こちらもごく平均的な長さです。

 

でもこの年数をより長くするためにお客様でしていただけることがあります。

それは排水口、つまりドレン部分をマメに掃除していただくことです。

常に水はけをよくしておくことで、経年による劣化を遅くすることができます。

ゴミ侵入防止用のカバーがついていれば、風で飛んでいっていないか

ときには気を付けて見ておいてください。

またついていても、それが詰まっていては排水が滞ります。

ゴム手袋などをはめてしっかり取り除き、きれいにしておいてください。

 

ウレタン防水は非常にきれいな仕上がりなので、お客様もこの美しさを保とうと思われるようです。

大事な建物を守るためにも、工事の後のメンテナンスもよろしくお願いします。

 

☆M


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー