現場レポート

東京都町田市 外壁塗装・付帯部塗装 シーリングはなぜ工事が必要か 下塗りを塗らないとどうなるか

2021年10月21日更新

東京都町田市 外壁塗装・付帯部塗装 シーリングはなぜ工事が必要か 下塗りを塗らないとどうなるか (2)

東京都町田市にて、外壁塗装・付帯部塗装を行いました!

 

今回は、シーリング(コーキング工事)と、外壁の下塗りの様子についてお伝えします。

 

【シーリングはなぜ工事が必要か】

建物には沢山の場所にシーリングが施されています。

外壁ではボードの継ぎ目、サッシ廻り、屋根は棟板金の継ぎ目、室内はキッチン廻りや浴槽廻りなど、建物を建てる際にできる隙間という隙間にゴム状のシーリングが施してあります。

隙間を埋める事で水が入らないよう防水の役割と、地震や大きな車が通った時の揺れに対して緩衝材の役割を担ってくれています。

 

しかし、シーリングも塗膜と同じように年月が経つにつれて劣化していきます。

シーリングは劣化すると硬化し、亀裂が入るので、防水の役割も緩衝材の役割も、どちらも果たす事ができません。

「こんな症状には要注意」は、こちらのページです。

 

その為、新しいシーリング材を充填する事で、また役割を担う事ができるのです。

この新しいシーリング材を充填する工事をシーリング工事、またはコーキング工事といいます。

 

東京都町田市 外壁塗装・付帯部塗装 シーリングはなぜ工事が必要か 下塗りを塗らないとどうなるか (2)

 

写真は古いシーリングを撤去し、マスキングテープで養生した後の写真です。

この後はプライマーという接着剤の役割の下塗り材を塗布し、新しいシーリング材を充填、ヘラで均してマスキングテープを剥がしたらシーリング工事完了です。

 

 

【下塗りを塗らないとどうなるか】

続いて外壁の下塗りの様子です。

透明のクリアータイプの下塗り材を塗布しています。

東京都町田市 外壁塗装・付帯部塗装 シーリングはなぜ工事が必要か 下塗りを塗らないとどうなるか (1)

 

下塗りはお化粧でいうところのスキンケアや化粧下地といったところかと思います。

下地と塗料との密着性を高める接着剤の役割や、下地の凹凸を平滑にする役割、傷んだ下地に塗料が吸い込まれるのを防いだりする役割があります。

下地をもし塗らなかったとしたら、塗料の接着力が低く、せっかく塗装をしても塗膜がすぐに剥がれしまいます。

凹凸が平滑になっていなければ見た目が悪く仕上がりますし、塗料が下地に吸い込まれれば色ムラができてしまいます。

そうならないように下塗りは欠かす事ができません。

「塗装工事の下地処理、下塗りは非常に重要です」は、こちらのページです。

 

しかし、中にはわざと下塗りをしない業者も存在します。

塗膜を剥がれやすくし、再度契約をさせる為です。

なんとも許しがたい残念な事ですが、そのような業者に引っかからないようご注意ください。

良い工事は良い業者選びが大切です。

「工事業者の選び方 ~基礎編~」は、こちらのページです。

 

−N−

 

町田市で、塗装工事、屋根工事のことなら、町田塗装店へお気軽にご相談ください。


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー