現場レポート

東京都町田市 屋根塗装 屋根の色で室内の暑さが変わる? 東京でも雪止めが必要な理由

2021年11月5日更新

東京都町田市 屋根塗装 屋根の色で室内の暑さが変わる 東京でも雪止めが必要な理由 (1)

東京都町田市にて、屋根塗装を行いました!

 

【屋根の色で室内の暑さが変わる?】

屋根塗装の最大の目的は屋根の表面を紫外線や雨風から守る為に保護する事です。

その為、フッ素塗料や遮熱塗料など、塗料選びが大変重要です。

「塗料について」は、こちらのページです。

 

塗料選びは大切ですが、次に大切なのは色選びです。

屋根は高い所にあるので、あまり目にする事はありません。

しかし、だからといって適当に決めてはいけません。

実は、屋根の色によって塗料の効果が左右するのです。

 

服を決める時に考えた事があると思いますが、白は熱を反射し、黒は熱を吸収します。

夏、室内が暑いのに屋根をブラックにすると、せっかく遮熱塗料を使っても効果が低減します。

室内が暑いのがお悩みであれば、明るい色の屋根を選ぶ方がいいでしょう。

 

東京都町田市 屋根塗装 屋根の色で室内の暑さが変わる 東京でも雪止めが必要な理由 (1)

 

こちらのお宅はグレーで塗装をしました。

ブラックは暑くなりやすく、ホワイトは汚れが目立ちやすいです。

グレーはその間であり、彩度が低いので、外壁の色と相性が良くなりやすい色です。

建物の色の協調性を感じさせる上品な仕上がりになるので、グレーで塗装をされる方は多いです。

「カラーシミュレーター」については、こちらのページです。

 

【東京でも雪止めが必要な理由】

こちらの屋根の下の方に取り付けられている金具は『雪止め』といいます。

 

東京都町田市 屋根塗装 屋根の色で室内の暑さが変わる 東京でも雪止めが必要な理由 (2)

 

雪止めは、その名の通り、雪が落ちないように止める金具です。

「東京は雪が降る事が少ないから必要ないのでは」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

では、雪の多い北国の方が向いているのかというと、北国の方が雪止めを設置されているお宅は少ないです。

それは、北国は我々が想像している以上に雪が降るので、雪の重さによって潰れてしまう恐れがあるからです。

 

北国は冬になると雪マークが続き、途中で雨マークになる事は滅多にありません。

東京のように、たまに雪が降って日によって雨が降る方が、雪が湿って凍り、落ちると危険な状態になります。

 

雪が隣のお宅に落ちれば物や部材が壊れるなどのトラブルになる恐れがありますし、通行人に落ちてしまえばケガをさせてしまうかもしれません。

「何か起きてから」ではなく、「何か起きる前に」雪止めの設置をオススメします。

雪止めは後付けも可能です。

雪止め設置のご依頼や、料金などのご不明点はお気軽にお問合せください。

「お問合せ」については、こちらのページです。

 

−N−

 

町田市の外壁塗装、屋根塗装なら【町田塗装店】


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー