現場レポート

東京都町田市 屋根塗装・外壁塗装 屋根下塗り、縁切りの様子

2021年12月4日更新

東京都町田市 屋根塗装・外壁塗装 屋根下塗り、縁切りの様子 (3)

東京都町田市にて、屋根塗装・外壁塗装のご報告の続きです!

前回の現場レポート→「東京都町田市 屋根塗装・外壁塗装 雨樋、破風、庇の塗装」は、こちらのページです。

 

今回は、屋根の下塗りと縁切りの様子についてお伝えします。

 

【屋根下塗りの様子】

こちらのお宅の屋根は化粧スレート屋根です。(コロニアル、カラーベストともいいます。)

現在、日本で最も普及率が高い屋根材で、屋根材自体に防水性はありません。

その為、塗料の機能で防水性を持たせてあげています。

 

塗膜が劣化すると、防水性も低下するので、カビが生えたり汚れが付着、ひび割れなどの症状が発生します。

 

新築から10年以上、または前回のメンテナンスから10年以上経過している屋根は、そのまま塗装をしても密着不良を起こし、剥がれてしまいます。

その為、まず高圧洗浄などの下地処理を入念に行い、塗料の密着性を高めます。

下地処理後は、更に下塗りで密着性を高めるのです。

下塗りには、既存屋根と塗料との接着剤のような役割があります。

東京都町田市 屋根塗装・外壁塗装 屋根下塗り、縁切りの様子 (2)

 

また、傷んでいる屋根というのは、塗料を吸収してしまいます。

シーラーを塗装し、吸い込みを抑え、仕上がりを美しくできます。

「塗装工事の下地処理、下塗りは非常に重要です」は、こちらのページです。

 

【化粧スレートの塗装は縁切りは絶対に必要です!】

化粧スレート屋根を塗装する時に必ず行わなければならない工程が『縁切り』です。

 

縁切りは、雨漏りを防ぐ為の工程です。

大雨や強風の際、雨水は構造上、屋根材の下に入り込みます。

入り込んだ雨水は屋根材同士の間に隙間がある事で排出されるのですが、塗装をする事により、塗料でその隙間が埋まってしまいます。

排出できない雨水は屋根材の裏側に溜まり、腐食や雨漏りを引き起こしてしまいます。

 

そうならないようにする為、屋根材同士の間に隙間を作るのが縁切りです。

以前はカッターを使って1枚1枚隙間を作っていました。

しかし、カッターで行うと時間と手間がかかります。

更にせっかく綺麗に塗装しても傷を付けてしまったり、屋根を汚してしまう事も。

 

現在は、タスペーサーという便利な道具が出たので、縁切りはタスペーサーで行うのが主流になっています。

屋根材の下に差し込んで縁切りを行う事ができます。

こちらが縁切りの様子です。

東京都町田市 屋根塗装・外壁塗装 屋根下塗り、縁切りの様子 (1)

東京都町田市 屋根塗装・外壁塗装 屋根下塗り、縁切りの様子 (3)

 

上の写真の黒い部材がタスペーサーです。

これを上に差し込んだら縁切りができ、タスペーサーも目立たなくなります。

こちらの「タスペーサーの重要性 ~雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは」のページでも詳しくご紹介しています。

 

−N−

 

町田市の外壁塗装、屋根塗装なら【町田塗装店】


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー