塗装工事で足場が必要なのはなぜ?

2021年12月21日更新

外壁塗装や屋根工事など高所での作業では、必ず足場の設置を行います。

 

この記事ではなぜ足場が必要なのか、また、足場代の相場はいくらなのか等、足場について詳しく解説いたします。

塗装工事で足場はどうしても必要 (3)

 

【足場が必要なのはなぜか】

足場が必要な理由は、大きく分けて3つあります。

 

①職人の安全性を確保する

まず、この理由は誰しも思いつくのではないでしょうか。

高所での作業を梯子や脚立で作業をすると、落下事故の危険性が高まります。

怪我をするかもしれませんし、最悪、命に関わる可能性もあります。

マイホームを綺麗にしてもらおう、丈夫に保護してもらおうと、高いお金を出して外壁塗装や屋根工事を依頼して、職人が落下したなんて事故が起きれば、工事をお願いして良かったと思うでしょうか。

きっとお客さまにとっても嫌な気持ちになるかと思います。

せっかく工事を依頼したのならば、良い気持ちで終わりたいのは当然の事です。

我々の大切な職人が安心、安全な工事の為には足場は必須なのです。

 

②工事の仕上がりを良くする

足場があると、建物の周りの空間に作業スペースができます。

それにより刷毛やローラー、重たい塗料缶などを一旦置いて、次の作業に集中して行う事ができます。

 

また、梯子や脚立で足元がフラフラしたままでは、手元ではなく足元ばかり気になってしまいます。

そうなれば職人が持つ技術を最大限に発揮する事ができません。

 

脚立や梯子では広い外壁を一気に塗装できず、いちいち移動をさせながら塗装をしなければなりません。

作業効率が悪いだけでなく、綺麗な仕上がりにする事も困難です。

 

職人がスムーズに移動する事ができ、手元に集中して美しい仕上がりにする為にも、足場は必要不可欠です。

 

③飛散防止ネットを足場の周りに張る事ができる

飛散防止ネットとは、足場の周りを覆っているメッシュシートの事です。

この飛散防止ネットが張られている工事現場を良く目にするかと思います。

その名の通り、塗料や高圧洗浄の水しぶき、ゴミなどが近隣に飛散しないように守っているシートです。

 

もし隣のお宅や向かいのお宅が工事をしていて、高圧洗浄の汚れた水や塗料が飛んできたら、いい気はしませんよね。

近隣の方にご迷惑がかからないようにする為、飛散防止ネットが必要なのです。

 

【足場代の相場はいくら?】

塗装工事で足場はどうしても必要 (1)

 

一般的なお住まいの大きさで大体20~25万円ほどの足場代がかかります。

この価格はお住まいの大きさや屋根の勾配、高さ、足場の種類(単管、ビケ、枠組みなど)により変わります。

 

当社で組み立てる最も多い足場はハンマーでくさびを叩き、固定して組み立てるビケ足場です。

(一側足場とも呼びます。)

ビケ足場の相場は約850~1,000円/㎡です。

 

【悪徳業者の手口とは?】

塗装工事で足場はどうしても必要 (2)

 

塗装工事や屋根工事の知識は学校では習いませんし、テレビで特集されている事もあまりありません。

その為、「どうせわからないだろうから」と、悪質な契約をする業者が残念ながら存在します。

 

ここで注意しなければならないのが、「足場代は無料」という言葉です。

たまに広告などで見かけますが、ほぼ危険な業者と思って間違いありません。

 

高額な足場代が無料なんて、なんとも魅力的な響きですが、それが大きな罠です。

「近所で施工をしていて、その足場を持ってくるから無料」「モニター募集中で無料」など、言葉巧みに契約を迫ってくるでしょう。

実際に見積書にも足場代0円、または足場代の項目がないかもしれません。

しかし、それで安心してはいけません。

 

足場代無料のカラクリは、他の項目の費用を上乗せしている可能性が非常に高いです。

下塗りの金額が相場の倍以上になっていたり、諸経費が何かわからない高い金額が設定されていたりするはずです。

約20万円以上もの足場代を無料にしている分、その他の項目に費用を分散させて紛れ込ませている事が考えられます。

諸経費がやけに高い場合や、外壁一式〇〇円など、不明瞭な点があればしっかりと確認しましょう。

 

他の項目が相場よりも高いか安いか判断するのは難しいですよね。

費用が適正か判断するには相見積りを取るのがオススメです。

少なくとも2社以上から見積もりを取る事により、見積書を見比べる事ができます。

そりにより、費用の違いや、工事内容の違いが見えてきます。

「屋根や外壁の工事費用の内訳や仕組み」については、こちらのページです。

 

また、足場を組まず職人の体を安全帯で支えてロープで吊って工事をする、または大型のブランコを吊るしてカゴに入った職人が作業をする『無足場工法』で施工をする業者もいます。

足場を設置できないような狭い場所であればやむをえませんが、そうでもないのに無足場工法で施工をするというのは、丁寧な仕事をしてもらえない可能性が高いです。

枠組み足場が設置できるような環境であるにも関わらず、無足場工法での施工を案内してくる業者というのは工事費用を安くして契約させている事が考えられます。

このような業者とは契約をしないのが無難でしょう。

「工事業者の選び方 ~基礎編~」については、こちらのページです。

 

いかがでしたでしょうか。

工事で一番最初に行う足場設置ですが、その後に続く工程の高圧洗浄、養生、劣化補修、素地調整、塗装と、一連の作業を安定して行う為には丈夫な足場が必要なのです。

足場を組まない、もしくは足場は無料という業者は避けた方がいいでしょう。

 

−N−

 

町田市の外壁塗装、屋根塗装なら【町田塗装店】


町田市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

町田塗装店(有限会社オータペン)

https://otapen.jp/
住所:神奈川県横浜市都筑区大棚町604

お問い合わせ窓口:
(8:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:町田市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://otapen.jp/case/
お客様の声 https://otapen.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://otapen.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://otapen.jp/contact/


スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級塗装技能士
  • 二級塗装技能士
  • 外装劣化診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 労働安全衛生法による技能
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数
取扱いメーカー
取扱いメーカー